お金が欲しいからパパ活を副業にして副収入を得ているOLの私

MENU

 食事パパという関係はまったく負担というものを感じることがなかったのです。
援助交際のようにエッチな関係を作ると、病気だとか妊娠だとこの怖さもあるし、やっぱり知らない人と会うっていうこと自体も怖いですからね。
いろいろな部分で負担を覚えてしまうと思いますし、さらに知らない人と肉体関係持つなんてだいたい私には無理なんですから。
だけど、食事だけだったら抵抗感とかいうものほとんど覚えることがありません。
しかも中にはたくさんお金をもらうことができている女の子がいるらしく、これなら私も一人暮らしのためのお金儲けが簡単にできちゃうって感じでしまったのでした。
どうしても1人暮らしのための資金が必要ですから、ネットでパパ探しをやってみることにしたのでした。
一人暮らしのお金を稼ぐため、どのようにして相手を探したらいいのかと思って考えついたのがツイッターの利用です。
違うアカウントを作成して、それでパパ募集していけばたいして問題にもなりません。
すぐに新規のアカウントを作成して、募集のツイートをやっていく事にしました。
生まれてはじめてのパパ活で、結構心臓がバクバクしちゃっていたんですよね。
良いパパと知り合ってお小遣いを貰えたら、やっと憧れの一人暮らしができるようになるのですからね。
うるさい親と別れて、のんびり生活ができると思うだけでも希望が湧き上がってくる感じでした。
より気軽なお小遣い稼ぎを始めることになったのですが、想像していた通りの展開とはなっていきませんでした。
私はてっきりこれでたくさんの人から声をかけられて、トントン拍子で待ち合わせなんて想像していたんですけれど、そんなにうまく運ばなかったのです。
やっぱり顔の見えないネットの世界は怖いなって感じでした。