お金が欲しいからパパ活を副業にして副収入を得ているOLの私

MENU

 簡単にお金をもらうことができる食事パパを探すため、ツイートしていきました。
たくさん利用者がいるんだから、リッチな人だって使っているはずなんですよね。
そういう人の目に触れることによって、連絡がやってきて待ち合わせになるって寸法で考えちゃっていたんです。
そうすれば、たくさんお金を貯めることができて念願の一人暮らしに前進できるわけですからね。
かなり期待を込めてツイートしていく事になったのです。
しかし、やはりそこはネットの世界ですから顔が見えません。
変な人だっているだろうなというのは、ある程度の覚悟はあったんです。
だけど、そのある程度では利くような問題ではなかったのでした。
あくまでも食事を食べるパパを探していたのですが、私のところにやってくるリプが体を求めるものばかりなのですから。
誰も援助交際したいって書いてないんですよ、それなのにセックスしなければお金支払えないなんて言うんですかね。
だったらリプなんか出さなきゃいいのに、なに考えてんだって感じでした。
とにかく援助交際の申し込みは山のようになりました。
さらに、一緒に通話しながらオナニーしたいっていう、さっぱり訳の分らない事を言うような人もいます。
エッチ写メまでみたいなんて言ったりもして、募集した内容とはまったく違っているんですからね。
どういう感覚でこういうメッセージを出してこれるのか、とっても不思議になってしまったのでした。
結局ツイッターでパパ活をやってみたけれど、食事パパと知り合うことができなかったのでした。

どうしたらご飯だけのパパが探せるのか?誰かに聞いてみようかと思って調べたところ、パパ募集に成功した女の子がツイートしているのを発見したのでした。
この女の子に話を聞いてみれば、いいアイデアが浮かぶんじゃないかって思ったのでDMを送ることにしたのです。